けやき綜合法律事務所
TEL 042-703-0365
HOME FEE FLOW MAP AFFAIRS INTRO BLOG INFO
法律相談料・弁護士費用
ホーム>法律相談料・弁護士費用
区切り線

◆初回の法律相談は2,000円(税別)

  • 時間制限はありませんが、1回の相談時間は通常約1時間です。
  • 債務に関する初回の法律相談は無料でお受けします。
  • 交通事故等において任意保険の弁護士費用特約の適用がある場合には、相談料として30分ごとに5,000円(税別)を保険会社に請求させて頂きます。
  • 初回の法律相談だけで問題が解決する場合も多いです。
  • 初回だけで解決せず、継続で法律相談をご希望の場合、2回目以降の法律相談については、30分で5,000円(税別)の相談料がかかります。

◆民事事件の着手金・報酬金

当事務所の着手金・報酬金の基準は以下のとおりです。

経済的利益の額
着手金
報酬金
300万円以下の部分
8.64%
17.28%
3000万円以下の部分
5.4%
10.8%
3億円以下の部分
3.24%
6.48%
3億円を超える部分
2.16%
4.32%
※0.1%以下の部分は消費税額です
  • 事件の内容により 30%の範囲内で増減があります。
  • 調停事件・交渉事件の場合には、上記より3分の2に減額できます。
  • 示談交渉から引き続き調停事件を受任する場合、調停事件から訴訟事件を引き続き受任する場合、着手金は、上記一覧表の2分の1となります。
  • 着手金の最低額は10万8,000円(税込)です。
  • 印紙税、交通費、予納郵券、保証金、予納金、謄写料、郵送料、コピー代、鑑定料等の実費については、上記着手金・報酬金とは別に、ご負担をお願いします。
  • 経済的利益の額が紛争の実態に比して明らかに大きい場合、又は明らかに小さい場合には、紛争の実態に相応する程度に弁護士費用を増額又は減額する場合があります。また、着手金を基準よりも減額し、その分報酬を増額するという調整も可能です。当事務所では事案の困難性や依頼者のご希望よって柔軟なお見積もりを差し上げることが可能ですので、お問い合わせ下さい。

◆債務整理事件

債務整理事件に関するページをご覧ください。


◆離婚事件

離婚事件の着手金及び報酬金は、以下のとおりです。

離婚事件の内容
着手金及び報酬金
離婚調停事件又は離婚交渉事件
それぞれ216,000円から540,000円の範囲内の額
離婚訴訟事件
それぞれ324,,000円から648,000円の範囲内の額
  • 離婚交渉事件から引き続き離婚調停事件を受任するときの着手金は、上記規定による離婚調停事件の着手金の額の2分の1とします。
  • 離婚調停事件から引き続き離婚訴訟事件を受任するときの着手金は、上記規定による離婚訴訟事件の着手金の額の2分の1とします。
  • 財産分与、慰謝料など財産給付を伴うときは、財産給付の実質的な経済的利益の額を基準として、民事事件に関する規定により算定された着手金及び報酬金の額以下の適正妥当な額が加算されます。

◆刑事事件

刑事事件の着手金及び報酬金は、以下のとおりです。

刑事事件の内容
着手金及び報酬金
起訴前及び起訴後の刑事事件
それぞれ324,,000円から540,000円の範囲内の額
  • 報酬金は、不起訴等による釈放、無罪、執行猶予になった場合に発生します。
  • とりあえず接見をご希望の場合には10,800円(遠方の場合は+交通費)を頂ければ接見に赴きます。
  • 特別な困難さ・複雑さが見込まれる場合には、着手金及び報酬金が増額される場合があります。

◆顧問料

月額5万円から

  • 事業の規模や事件、相談の多寡により減額することが可能です。
  • 顧問先からは電話・メール・FAXなど適宜の方法により、いつでも法律相談が可能です。
  • 顧問契約の最大のメリットは、法律問題が顕在化する前に予防ができるという点にあります。
  • 御社の安定した継続的発展のために、是非、顧問契約をご検討下さい。


| ホーム | 法律相談料・弁護士費用 | 債務整理事件 | 管理組合 | ご相談の流れ | 地図・アクセス |
| 主な取扱業務 | 弁護士紹介弁護士の諸事雑感事務所からのお知らせリンク集 | プライバシーポリシー |
Copyright (C) 2010-2018 けやき綜合法律事務所 All Rights Reserved.